〜未来に繋がる提案〜
『食と暮らしのスタイリング いろどり』を主宰しています。
http://www.facebook.com/smile.earth.irodori
逗子海岸にほど近い、自然いっぱいの昭和の民家での家族3人暮らし。地球と未来のこどものために、食を通して心を尽くしていきたい‥と願いながら日々を紡いでます。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

もうすぐ一歳


ひょっこり。



もうすぐお誕生日の我が家の長男。
家族にいつも、幸せを運んでくれている小さな小人さん。
baby massage


以前、わたしの自宅で開催していた
rieko baby massage。
妊娠出産期間を経て、今回は友人たちをお誘いして我が子も一緒に開催してもらいました。

都内に住む高校時代の友人や、
その友人、長女の保育園仲間や、
イベント・助産院仲間、息子の検診で知り合った友人、長女の育児サークル時代からの友人などなど…
こどもが繋いでくれているご縁は、どんどん広がります。

あっという間に成長してしまう赤ちゃんだからこそ、
めいっぱい関わりたい。

そんな想いではじめたベビーマッサージは、親子の幸せなコミュニケーション。
つるつるふわふわなお肌に、
素肌で触れるときに生まれる充足感。

たまりません。笑



途中、息子はおまるタイム。
このおむつなし育児に関しては、またゆっくり書きたいと思っています。





ベビーマッサージ後には、
みんなでのんびりお茶じかん。
babyいっぱいで、
なんともほんわかした、
癒しの時間でした。

あっという間に大きくなってしまうから、毎日大切に大切に…☆
誕生しました。


2014年も半年を過ぎ、
わたしたちの暮らす逗子の街も
いよいよ海開き。
これから本格的に夏がスタートします。

ことしは、
念願の波乗りも叶いそうで、
いまから、楽しい想像ばかりが膨らみます。
保育園児だった娘にとっては、
小学校の夏休みは、きっと驚きの長さで…
母親のわたしにとっても、未知の世界です。


そう…
2013年の12月に、
元気な男の子の赤ちゃんが誕生しました。
とても、ここには記せないほどの出産で…思いがけず長期に渡った入院も、主人や両親、そして小さな娘とみんなで乗り越えました。

その後も、
家族の不調が続き…

正直気持ちも、産後故の身体もめいっぱいの日々が続いていました。

でも新たな命は、
こころから愛おしい。
そして、
弟を笑わせてばかりの優しい娘も、
より可愛く感じています。

何気なく過ぎ行く毎日を
慈しみたい。
息子が誕生してから毎日そう願う日々。

みなさまにも、
楽しく充実した夏が訪れますように…







発見


年中さんの娘が、
海で見つけてきた、なんとも愛らしい幹。

その日の保育園のノートに貼ってあったこの幹は、
どうやら、自然にできた模様のよう。

『かわいい、おかおになってるの〜』

と、得意げな娘。

見ると本当にびっくりするくらい、
ほんわかと、ゆるーいお顔の模様が…

園児が、目をキラキラさせながら
興奮している姿が目に浮かぶようです。

大人だったら、気づくこともなく、
きっときっと通り過ぎてしまう、小さなかわいい発見。

自然はすばらしいです。
こどものてしごと。〜バースデイケーキ〜
今月のいろどり『福豆パン』のおしらせはコチラ☆
※残席僅かになりました。

先週末は、
私の父のバースデイ!

お祝い会のために、
娘とケーキを焼きました。

今回は、
わたしは材料を揃えて、作り方を隣で導いてあげる黒子に徹し、
計量〜仕上げまで全部娘が挑戦です。

大きくなったね。
前は、集中力が持たなくて、
途中で遊びに走ってしまって、
結局、仕上げは私。
ということが多かったけれど、
今回は二日に渡ってやり遂げました♪



前日に、マクロビ仕様のりんごケーキを焼き、
仕上げには娘のだいすきな生クリームをトッピング。
でも、我が家の生クリームは、
メープルシロップをすこしの、
甘さ控えめ。



自分でデザインも考えて…



だいすきなイチゴもいっぱい!
気付けば、娘好みのケーキになっていました。
子供がいると、日常茶飯事ですよね。笑



完成!!!



孫お手製のバースデイケーキを囲みながら、
この為に練習したお誕生日のお歌をおもちゃのピアノで弾いて、みんなでお祝い。
父も、娘も、大満足顔でした。

おとうさん、
お誕生日おめでとう!!
お散歩


先週から、夜になると高熱の娘。
朝は元気だから、
大丈夫かな?と遊びに行くと、
夜には寒い寒いと熱が上がり…
体調が、珍しく落ちつかず。

今日も、おやすみだったので、
ちょっぴり息抜きのお散歩へ。

おいしいものを、つまんだ帰り道で、
キレイなお花見つけた!と得意気の娘。

急に寒くなったものね。
特に、古い民家の我が家は冷えが厳しいので、
そろそろ
本格的に、
冬支度を始めないと。
保育園からのおみやげ


日常のように、
海に行ったり、山を登ったり。
子どもたちの成長に合わせて
とにかく歩く歩く。

幼児期に一番大切な
自分の身体を思い切り使って遊ぶこと。

娘の通う保育園は、
その点を、とても大切にしてくれています。

今日は、みんなで海に宝探しに行ったよう。

沢山の宝物(笑)と一緒に
大切に見せてくれたお土産。
「ママにおみやげなの。
でも、ちょっとかれちゃったの。
ごめんね」

そんな小さな優しさに
毎日ほんとうに励まされます。

どうにも、おっちょこちょいの母親だけれど、
こんなわたしを選んでくれた娘に…

ありがとう?
お野菜のこと


普通のスーパーのお野菜で育った私は、
大人になるまで、
お野菜に虫がいることは
普通ではないと思っていました。

たぶん、
実際にいなかったのではないかなぁ。

でも、
今、娘は、
お野菜にも虫がついていることを
自然だと捉えてる。

そして、
無農薬の、獲れたての人参を
それは嬉しそうに、喜んで頬張っている。

子どもは、
味覚が一番敏感で、
きっと、その味覚は、
その子の一生と共にあるものだから、
やっぱり叶うならば
母として、ホンモノを食べさせてあげたい。そう思っています。

親が子供にしてあげられることなんて、
実はそんなに多くないのですよね。



秋の収穫


保育園のお山登りで
秋の収穫。
自然の中で、
楽しそうに、そして夢中になって
拾っていた姿が目に浮かぶよう。
里山公園




昨日は久しぶりに
お友達と茅ヶ崎の里山公園へ。

秋晴れの空の下、
娘たちは長ーい滑り台や
遊具で、大はしゃぎ。
裸足のまま、走り回ります。

里山公園は、
逗子とはまた違った自然の中にある公園で、
とても気持ちがいい場所。
思い切り遊ぶ娘たちを見ながら
ママたちも、癒やされます。
赤ちゃんのときから知っているから、
大きくなったよねって二人の成長を噛締めながら・・
やっぱり、子供は子供同士ではしゃいでる時が
一番いい表情を見せてくれますね。

帰り道には、秋のコスモスがいっぱい!
誰かが大切に育てているお花を
持ち帰ることは出来ないので
お写真を撮ってパパにお土産にしていました。

更に温泉に入って、
みんなでまったりゆったりして
一日を締めくくります。